無料ブログはココログ

2007年2月26日 (月)

★心をラクにする秘訣26★

★心をラクにする秘訣26★

●一番大切なのは、自分を好きで
 いられること1●

あなたは「自分」のことが好きですか?嫌いですか?

「好きなところもあるけど、嫌いなところも
 たくさんある」

たいていの人からは、そんな答えが返って
くることでしょう。

でも

嫌いなところはあっても、多くの人は
自分を愛しているものです。

嫌いなところばかりだといって
自分を嫌いになってはいけません。

いったん、自分のことが嫌いになって
しまうと・・

周りの何もかもが嫌になってしまう
ことがあります。

たとえ嫌いなところばかりだとしても

あなたはあなたなのです。

この世にたったひとりしかいない
かけがえのない存在なのですから

長所も欠点も含めて「自分」のことを
好きでいてください。

つづく・・・

2007年2月21日 (水)

★心をラクにする秘訣21★

★心をラクにする秘訣21★

●ストレスは逃げれば逃げるほど
 追いかけてくる1●

ストレスは逃げれば逃げるほど
追いかけてくるもの。

逆に

追いかければ追いかけるほど
逃げていくものです。

たとえば

あなたが執拗ないじめに遭って
いたとしましょう。

そのストレスから逃げようと
おどおどした態度をとっていれば

相手はカサにかかって
攻めてきます。

反対に

毅然として相手に立ち向かって
いけば、ストレスのタネのほうが
尻尾を巻いて逃げていくものなのです。

ストレスを乗り越えるには

とにかく攻めの姿勢が一番大切。

ストレスに対して

受身の姿勢でいてはダメなのです。

つづく・・・

2006年12月27日 (水)

★恋人とよい関係をきずくためのちょっとした心構え5★

★恋人とよい関係をきずくためのちょっとした心構え5★

「尽くす心をもつ」

相手の心は相手にまかせ

自分は愛する心、奉仕の心を育むことに徹する

愛の心、奉仕の精神が大事だということは
わかっています。

でも

相手が応じ返してくれないと・・・

自分の心が暗くなったり、見返りを期待し、
期待通りにことが運ばないと落胆したりします。

しかし

これだけ自分が尽くしているのに・・・

と愚痴を重ねてみたところで

心はなお暗くなるのがオチです。

相手の心は相手に任せ、

自分は愛する心、奉仕の心を育むことに徹してみること
なのです。

そのうち、豊かな心は期せずして、自分を楽しませ
いたわってくれるのです。

つづく・・

★恋人とよい関係をきずくためのちょっとした心構え4★

★恋人とよい関係をきずくためのちょっとした心構え4★

「変える工夫」

とにかく人の心はよく変わる

だからこそ

お互いに努力のしがいがあるのです!

恋愛に限りませんが・・・

人の心は千変万化。

今愉快に笑っている人も、次の瞬間
悲観するようなことが起これば・・・

たちまち悲しみの淵に沈んでしまうもの。

しかし

人の心に変化性があればこそ

お互いに努力のしがいがあるというものです。

日ごろ、どれだけ相手の心に関心を払っているか

そして

それを好ましいものに変える工夫ができれば

人はよい方向へ向かっていくのです。

つづく・・

★恋人とよい関係をきずくためのちょっとした心構え3★

★恋人とよい関係をきずくためのちょっとした心構え3

「思えば思われる」

人を変えるのはむずかしい

好意を得たかったら、まず自分が

変わることなのです

どんなに他人から好かれたくても

相手がそう思わなければ、どうしようも
ありません。

その解決のキーポイントは・・・・

自分がまず変わることであり、相手の
よい点を見る曇りない目をもつこと
なのです。

思えば、相手も必ず好意をもって
あなたに接してくれるのです。

つづく・・

★恋人とよい関係をきずくためのちょっとした心構え2★

★恋人とよい関係をきずくためのちょっとした心構え2★

「思いをバネに」

やがて実を結ぶのは

辛い、苦しい思いをバネに

一歩を踏み出す勇気を持てた人間だけなのです。

長い人生 順風満帆ばかりではありません。

時には

裏切りを受けたり、失敗が続いたり

一人がっくりと肩を落としてしまう時も
あるでしょう。

しかし

どんな状況に置かれても、新たな一歩を
踏み出す勇気を失ってはいけないのです。

つづく・・

★恋人とよい関係をきずくためのちょっとした心構え1★

★恋人とよい関係をきずくためのちょっとした心構え1★

「長く続く愛」

愛する、それはお互いに見つめあうことではなく

一緒に同じ方向を見つめることなのです。

恋人同士というのは、

初めは見つめあっているだけで、愛を確認できます。

しかし

それを確実なものにするには

単に相手に酔っている閉鎖的な愛から
脱出して

一緒に同じ目的に向かって歩むことなのです。

目的に一緒にチャレンジできる「同志」

のような関係を築くことができれば

きっと輝く二人の未来を暗示し、二人の愛が
いっそう堅固なものになるのです。

つづく・・

★人とうまくやっていちょっとした心構え3★

★人とうまくやっていくちょっとした心構え3★

「他人と共に生きる」

人は他人と共に生きている

人間嫌いでは、人生は開けないのです!

現代生活では、人は多くの人とともに暮らしています。

他人とのかかわり合いのない人間生活というのは

おおよそ考えられません。

人がより良く生きる というのは

他人とよりよく共存するために努力する以外に
道はないのです。

国も個人も

「一人は万人のため、万人は一人のために」

をいつも念頭において、努力をすべきなのですね。

つづく・・

2006年12月23日 (土)

★セルフイメージを変える手順2★

★セルフイメージを変える手順2★

セルフイメージどおりに振舞う

あなたが成功者になったとしたら・・・

どんな考え方をするでしょうか?

きっと成功者であるあなたの考えは、消極的ではなく
積極的なものであったり、破壊的ではなく、建設的な
ものであるはずです。

だから、

あなたが成功者になろうと思うなら・・・

すでに成功者になったように振舞うことなのです。

自ら念願する理想の人物になるためには
その人のように考え、話し、歩き、行動し、
既に多くの他人から見て、そのような姿に
見えなければなりません。

そして、自信をもって仕事をし、部下を指導している
自分の姿を思い描いてみることなのです。

さらに

話し方や声の調子、選ぶ言葉にも耳を傾け、あなたが
歩く姿も気をつけてみましょう。

それは、胸を張り、自信に満ちて人生の目標に向かって
邁進する成功者の姿でしょうか。

つづく・・・

2006年12月12日 (火)

★世界に伝わるタブー2★

★世界に伝わるタブー2!★

「葬式葬列にかかわる不吉」

まず

「霊柩車(葬列)に出会ったら
 親指を隠せ」というフレーズが有名です。

この場合の親指は、自分の父母を意味し、早死を
しないように、という思いを込めます。

それと、死んだばかりの人間の魂は、まだ迷いつづけて
いるため、その霊がこちらにのり移るのを防ぐという
意味もあります。

つまり、親指をきつく握ると、気が充実して
浮遊する霊をはねのけるということなのです。

さて、

「人間のこの世での行いが、そのままあの世で
 の席次となる」

とは、現代宗教家の言葉です。

いくら魔よけに努めたとしても
悪いことをしている人間は、やはり地獄行き
ということなのでしょうか。

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31