無料ブログはココログ

2007年5月 2日 (水)

★愛にまよっているあなたへ13★

★愛に迷っているあなたへ13★

不幸な人に

「あなた、不幸になりたかったのでしょ」

と言う人がいます。

なんて残酷なことを言うのだろう

と思われるでしょうが・・

潜在意識から言えば、その通りなのです。

望んだ事が実現されますから

現在のあなたは、過去にあなたが望んだとおりの
あなたなのです。

だから

来月のあなた、来年のあなた は

今のあなたの思い通りになる 

ということを、潜在意識が約束して
います。

どういう自分になりたいかを

はっきりと見定める必要があるのです。

つづく・・・

2007年5月 1日 (火)

★愛にまよっているあなたへ12★

★愛に迷っているあなたへ12★

潜在意識には、受け入れたものを
すべて、無差別に実現してしまう
性質があります。

潜在意識には、冗談やウソは通用
しないのです。

「私、いつ死んだっていいんだ」

なんて言っていて、自分は冗談のつもり
であっても

冗談の部分は、潜在意識には入りません。

「死んでもいい」

というところが、ストーレートに入って
しまいます。

また

心の中で

「あの人、失敗すればいいのに」

と思ったとします。

しかし

「あの人」というのは、入りません。

ただ

「失敗したらいいのに」

と入るのです。

当然、自分に跳ね返ってきます。

「私、失敗したらいい」

という形で、実現されていきます。

潜在意識というものには

いいことと悪いこととかの区別がつかない
のです(善悪などは本来ないのですから)

あなたが思ったことが
実現されるのです。

つづく・・・

2007年4月30日 (月)

★愛にまよっているあなたへ11★

★愛に迷っているあなたへ11★

たとえば

子供が病気をして

「子供の病気がなおるのなら
 私がかわりに病気になってもいい」

と本当に願ったら

そういうことが起きる といわれています。

すごい借金ができて

「この借金さえ返せたら
 もうどうなってもいい」

と強く念じると

それは叶えられるのです。

しかし

お金を返すその元手は

自分が事故に遭って、保険金が入ったり
死んで、死亡保険金が入って

借金が返される

ということが、実に多いのです。

いつも良いイメージを描くこと
なのです。

それから

自分が何かよいことをしたら

必ずよいことがはね返ってくる と信じる
ことも大切なのです。

つづく・・

2007年4月28日 (土)

★愛にまよっているあなたへ10★

★愛に迷っているあなたへ10★

明るい気持で人生を送りたいですか?

それとも

暗く沈んだ人生を送りたいですか?

と聞けば

誰でも楽しい人生を選ぶでしょう。

しかし

実際は、自分の願望がはっきりしない
人が多いのですね。

ちょうど、セーターを買いに行ったような
もので、

これにしようか
あれにしようか

と言っているときは

願望が揺れていますから、あまりパワフルでは
ありません。

「今日は絶対一つは買うぞ」

とはっきり願望を持って、ショッピングしている
人というのは、かなりいい顔をしています。

願望を持っているときは
磁石のようなものが働きます。

明確な願望を持っていると

潜在意識は、終局的に

良いことにつながるチャンスだけを
つかまえるように

あなたを導いてくれるのです。

つづく・・・

2007年4月27日 (金)

★愛にまよっているあなたへ9★

★愛に迷っているあなたへ9★

生命の喜ぶことをすると

人は快く感じます。

生命にとって間違ったことをすると

痛みや苦しみを感じます。

人というのは、そのようにできている
のです。

生命というのは、そのようにできて
いるのです。

お腹が痛む
頭が痛む
イライラする
腹が立つ
憎らしい人がいる・・・・

これは全部、あなたが自分の生命にとって
間違ったことをしているから

です。

働きすぎたから
眠っていないから
あの人が、あんなことを言ったから
お金が必要だから

疲れる・腹が立つ・苦しい・・・・・

というのは全部違うのです。

苦しみのタネは、外にあるのではなく
あなたの内側にあるのです。

愛する人がいようが、いまいが
大きな家や車があろうが、なかろうが
おいしい物を食べていようが、いまいが

生命の喜ぶことさえすれば

たとえようもない平和
たとえようもない豊かさ
たとえようもない安定  

を、人はただちに感じることができます。

つづく・・・

2007年4月26日 (木)

★愛に迷っているあなたへ9★

★愛に迷っているあなたへ9★

「きのう、私を愛している と
 言ったじゃない。」

というのはよくありますが

「そりゃ、あのときはね。」

というのもよくあります。

昨日、好きだ と言っているのも
あなただし、

今日、嫌いになったのも
あなたなのです。

どちらも、本当なのです。

だから

人に裏切られる ということは
本来、ありえないのです。

常ならず、無常なのですから。

ありのままを受け止めて
観る

難しいことなのですが
それはあなたにとって無駄なことでも
何もないのですから。

つづく・・

2007年4月25日 (水)

★愛にまよっているあなたへ8★

★愛に迷っているあなたへ8★

自分とは一体何なのだろう?

これは永遠のテーマと言われて
います。

自分は
●●家の息子とか
●●会社の社員とか、
●●大学の学生
とか、いろいろと答えがあるでしょう。

しかし

もっと根本的に

自分とは何か

を見つめていくと

自分とは

「今、自分が考えていること、それ自体だ」

ということになります。

自分が幸福で、心がウキウキしているとき

それが「あなた」です。

自分が不幸で、みじめで、どうしようもない
と感じているとき

それが「あなた」です。

他にはいません。

自分とは何か

を考えているときは

それを考えているあなたが「あなた」なのです。

ですから

「あなた」という固定したものは
本当はないのです。

生まれてから●●年経った

という時系的に連続している「あなた」は
いません。

それはあなたの記憶なのです。

昔を思い出しているときは

昔を思っている「あなた」だけが
いるのです・

この先、●●年生きるだろう

という「あなた」はいません。

それはあなたの想像です。

このことを仏教では

無常

といいます。

常ならず、常に固定したものは
ないのだ

と言っています。

次回、もう少し具体的に
例をあげてみましょう。

つづく・・・

2007年4月24日 (火)

★愛に迷っているあなたへ7★

★愛に迷っているあなたへ7★

●看護とは●

人とうまくいっていないとき

人からかまってほしいのに

優しくしてほしいのに

それが充分でないとき・・・

体の痛みは、すぐ極限にまで達して
しまいます。

だから

看護が必要なのですね。

その人のことを

心から看(み)て

護(まも)ってあげる

「看護」が必要なのです。

--------------------------------------

●目に見えないものの力●

目に見えるものは、目に見えないものに
支えられています。

目に見える光は

目に見えない不可視光線(紫外線、X線、赤外線など)
に支えられていますし

この地球は

目に見えない力に支えられて
ぽっかりとこの宇宙に浮いています。

目に見えるものにだけとらわれること
は、あまり意味がないのですね。

つづく・・・

2007年4月23日 (月)

★愛に迷っているあなたへ6★

★愛に迷っているあなたへ6★

人生は、いつも混乱の中にあります。

愛する人も事故に遭うし
死にます。

食べ物には防腐剤がいっぱい入っているし

大気は汚染されていくし

水も汚染されていくし

戦争は起こっているし・・・

何もなくとも、自分は年を重ねていくし

会社の人や周りの人が良い人ばかりとは
限らないし・・

人生は混乱の連続です。

「だから、なんなんだ、それが、なんなんだ」と、

それはそれとして

自分は自分の願望を実現していく生き方

混乱を自分の肥やしにして、花を咲かせていく
生き方・・・

人には、そのように生きていく潜在能力が
あるのですね。

つづく・・・

2007年4月22日 (日)

★愛に迷っているあなたへ5★

★愛に迷っているあなたへ5★

今までにうつむいていたのに・・

今まで心がふさいでいたのに・・

ちょっとでも良いことがあると

パッと一瞬にして、一番いい笑顔になる人。

これが愛されている人のポイントなのです。

そうできる、できない

の問題ではないのですね。

愛されているかどうか、 です。人は。

つづく・・・

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31