無料ブログはココログ

« ★日本のタブー6★ | トップページ | ★欧米のタブー2★ »

2006年12月 9日 (土)

★欧米でのタブー1★

★欧米でのタブー1★

「くしゃみ・あくびに関する不吉」

かってローマ人は、くしゃみは

死にいたる前兆

として、恐れました。

ペルシャ系のゾロアスター教徒は

くしゃみは悪魔が襲ってくるしらせ

と信じていました。

また、古代ヘブライ人も

くしゃみを死のゴーサイン

と恐怖していたといいます。

実は、流行性感冒のように悪質な疫病で
大量に死者が出たりした時代のくしゃみは

文字通り死に近づくことでもあってのです。

くしゃみ同様、あくびも死に近づくものとして
忌み嫌われました。

古代では、息を吐くときに魂もぬけていくと
信じられていたからです。

たいていの人が、あくびの時に
あわてて口を手で押さえます。

これは、本能の行為かもしれません。

くしゃみもあくびも、たんなる生理現象とも
いえますが、

現代でも時と場合によって

つまり、会社の重要会議でのあくびや

ここ一番というお見合いの席でのくしゃみの連発

などなど、「命取り」の原因にもなりうるのです。

« ★日本のタブー6★ | トップページ | ★欧米のタブー2★ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180980/4483076

この記事へのトラックバック一覧です: ★欧米でのタブー1★:

« ★日本のタブー6★ | トップページ | ★欧米のタブー2★ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31