無料ブログはココログ

« ★日本に伝わるタブー1★ | トップページ | ★日本のタブー3★ »

2006年12月 6日 (水)

★日本に伝わるタブー2★

★日本に伝わるタブー2!★

■■履物についての不吉■■

むかし、旅に出るときのわらじの結びひもや、
外出時の下駄やぞうりの緒が切れると

出発を延期したり、中止したりしました。

なにしろ、長い旅をする者は、家族や近しい者たちと
「水盃」をかわしたものです。

「水盃」には、別れの意味があります。

再び会うことができないかもしれない、という覚悟が
込められています。

それだけに、旅に発つそのときに、ひもや緒が切れると
いうことは、不吉の前兆として解釈され、とにかく忌み
嫌われたのです。

長い旅に発つときは、なにはともあれ、足まわりを
しっかりとチェックしておくのは、常識なのです。

この基本を怠っている者は、それ以外のことにも気配りが
なく、いざというときの準備や心構えもずさんになりがち
なのです。

旅も、そして、人生も、すべて足元を十分にチェックする
ことから始めなければなりません。

足元をチェックするということは、とりもなおさず基本を
大切にするということ。

ことばを変えると、自分の力や能力、また限界や弱点を
よく認識し、その現状から目をそむけないことなのです。

« ★日本に伝わるタブー1★ | トップページ | ★日本のタブー3★ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180980/4445593

この記事へのトラックバック一覧です: ★日本に伝わるタブー2★:

« ★日本に伝わるタブー1★ | トップページ | ★日本のタブー3★ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31